つるし飾りの由来

そもそも、つるし飾りって?

つるし飾り

つるし飾りは、色々な種類の小さな飾り物をたくさんつるす、色とりどりの楽しい飾りです。

つるし飾りが始まったのは、江戸時代と言われています。 その頃は、五月人形はとても高価なもので、一般の家庭ではなかなか手に入らないものでした。 そこで、生まれた子供の成長を願うお母さんやおばあちゃんが、手作りした小さなお人形をたくさんつるしたのが始まりです。

つるし飾りには、子供を想う家族の優しい気持ちが込められています。

どんな種類があるの?

たくさんぶら下がった飾り物。
その一つひとつに、子供の成長を願って特別な意味が込められています。

つるし飾りの種類
先頭へ戻る