2019年度 新作五月人形New products

今年も「ふらここオリジナル」のかわいい五月人形が仲間入りしました。
皆さまにご紹介いたします。

その1. すずらん柄の衣装をまとった愛らしい這い子人形

でんでん太鼓を持った愛らしい這い子人形。少し首を傾げたあどけない表情に、心がほっと和みます。
すずらん柄のお衣装は、深く落ち着いた緑色と明るく元気な黄色の2色をご用意しました。どちらも所々に四つ葉のクローバーが隠れています。

屏風は飾り台に直接差し込む衝立式。飾り付けも簡単です。
金箔が煌く屏風には爽やかな鯉のぼりが描かれ、味のある会津張子と小さな兜飾を一緒に添えました。ずっと見つめていたくなる五月人形です。

その2. 人気の大将飾に新作が登場

ふらここならではの優しい表情が魅力の大将飾。やわらかな色味の襟付き陣羽織と胴丸鎧を身につけ、手には可愛らしい十二支の春駒を持っています。
見るたびにお子様のお節句を思い出深いものにしてくれる特別な五月人形です。

強く、たくましく育って欲しいという願いをこめて、屏風には「鯉の滝登り」の刺繍を施しました。
お人形の傍らには菖蒲の柄がお洒落な雪洞と小さな兜飾を飾り付けています。ナチュラルな木目の台屏風は、どんなインテリアにも優しく溶け込むふらここオリジナルデザインです。

その3.繊細な竜の刺繍が美しい四つ折屏風

人気の「No,130 慈」「No.131 和」が、台屏風・兜飾をリニューアルして新登場!
登竜門を突破するという願いのもと、竜が菖蒲の花を纏って荒波を泳ぎ切ったイメージを刺繍でデザインしています。豊かで優しい心を持った子に育つようにと願いをこめました。

その4.新たな兜飾が2種、仲間入りします

ふらここでも人気のコンパクトな兜飾に新作が登場。吹き返しには雄々しい「虎」と「竜」が彫られています。
高級感のある飾り台には、流れるような金のラインと菖蒲の花を描き仕上げました。

野山を翔けるうさぎがなんとも愛らしい飾り台の兜飾。鍬形部分には繊細な竹文の透かし彫りを施しました。
雄々しさに加え、インテリアとの調和も兼ね備えたふらここならではのオリジナル兜飾です。

先頭へ戻る